大阪市淀川区H様邸マンションリフォーム(吹田市 株式会社夷工務店)

先日、完工致しました、大阪市淀川区のマンションリフォームの現場施工風景です。

 

さぁマンション全面リフォーム工事のはじまりはじまりぃ♪

 

今回の現場は築46年ののマンションです。

 

今まで一度も手を加えてなかったようです。

 

ご希望の場所に中古マンションを購入されて

お好みのカタチにリフォームしたい!

 

うんうん♪いいじゃないっすか!

 

窓の外には淀川と梅田の景色が一望出来て

ロマンチックな淀川花火と大阪の夜景が独りじめ♪

 

うらやましい(/ω\)

 

これはええ物件です!!

                                         

あとは僕らに任せといてぇ(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは解体です!!

 

46年間お疲れさまでした( ;∀;)

 

この時代のマンションって けっこう頑固おやじなんです。

解体するのも一苦労(*_*;

黙々と解体していくカタさん!

超かっこいいんですけど(/ω\)

この手のマンションは給排水の配管工事がとても重要です。

 

各設備機器をどこに設置するのか

しっかりと墨出ししてしっかりと打ち合わせをします!

 

お水はリフォームの中心です。

今回、工期がタイトだったので解体と同時に行いました。

 

京都の鴨川で寄り添う仲良しカップルみたい 笑

 

現場に脚立を立てて小さなお打合せデスクです。

施主様にはご足労をおかけしましたが

事前にショールームでプランした物がどう収まるのか

まだお迷いの部分をご納得いかれるまでプランナーと

お打合せです。図面上でのお打合せと現場で体感されながらの

お打合せでは納得感が変わります。

必要なお客様には必要なだけとことんお打合せさせて頂く

それも夷工務店のスタイルです(*^^)v

配管作業も終わり

現場もスッカラカンになりました!

 

お疲れさん!!

現場は常にきれいにお掃除お掃除♪

ここから事前にお打合せさせて頂いた

図面の寸法に沿って間仕切りを立てていきます。

コンクリートで仕上げられた壁や天井は

クロスの仕上がりが悪い事や

配管や配線を新たに通す場合、露出になってしまうため

見映えがとても悪くなってしまいます。

こういった場合、天井や壁は新たにふかす事を

夷工務店ではお勧めしております。

もともと畳で少し下がっていた部分や

解体により下地がボロボロになった所は左官で下地を造ります。

このお部屋はご費用重視で壁下地を立てませんが

それでも僕らは手を抜きません(; ・`д・´)

出来る限り仕上がりがきれいになるように

思いを込めてしごきます!

次は電気の配線工事です。

夷工務店では電気配線のお打合せは現場でお打合せさせて頂きます。

照明、コンセント、スイッチ、エアコンの位置など

お客様によってそれぞれスタイルが違います。

置かれる家電の位置も違います。

じっくりと時間をとってリアルに体感しながらお打合せさせて頂く

それも満足感のひとつではないでしょうか。

さぁ下地もできてきたし

ここからボード貼りと建具の取り付けです。

工期が迫ってるのでラストスパートで頑張れ頑張れ!!

いよいよ仕上げのクロス工事です。

 

今まで心を込めて造ってきた壁の下地に

更に磨きをかけてパテで下地をします!

ええ仕上がりになって喜んでいただけますように♪

ノリヅケ♪ ノリヅケ♪

 

この後からは施工事例にアップしてからのお楽しみです♪

 

築46年のマンションがどんな風に変身するのでしょうね( *´艸`)

 

お楽しみの施工事例はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.wood-worker.co.jp/gallery/490761


一覧ページに戻る

LINEはじめました。
現場レポート
sumairuダイヤル
TOTO
lixil
panasonic
noritz
SANGETSU
リリカラ
YKK
東リ
クリナップ
kmew