ちょこっと情報◇給湯器の交換のタイミング◇

さむ~い季節がやってきましたね(>_<)

今年は暖冬みたいで寒くなるのが遅かったみたいですが

ここ何日かでグッと寒くなってお風呂に入るのが億劫になってしまいます( ;∀;)

入ってしまえば暖かくて気持ちいいお風呂なんですけど(´・ω・`)

こんな寒い時期に大切なのが給湯器!!

急に故障してお湯が出ないなんて事があれば地獄です。笑

故障してからでは遅いのですが、そもそも給湯器ってどれくらいもつの?

という方へ、今回は給湯器の交換のタイミングについてお知らせします☺

 

 

◆給湯器交換のタイミング◆

給湯器の寿命は10~15年と言われていて、各メーカーが安全に使用するために

設定している家庭用給湯器の【設計標準使用期間】は10年です(´・ω・)

給湯器の修理部品供給期間は製造終了してから10年となっているので場合によっては

修理部品がなくなってしまって、交換せざるを得ないということもあります( ;∀;)

□給湯温度が不安定、設定どおりの温度にならない

お湯が急に熱くなったり冷たくなったりするような場合や、追い炊きしたお風呂が設定よりぬるい、

もしくは熱いなどがある場合は給湯器に不具合が生じて熱効率が落ちている状態です(>_<)

□給湯器の音がおかしい

以前はしなかったような音がする場合、特に『ボン』と小さく爆発するような音が聞こえる場合は、

燃焼系統が故障している可能性があります(+_+)

□給湯器から煙がでている

臭いのない白い煙は排気中の水分が蒸発しているだけなので問題ありませんが、臭いがある場合は

燃焼前のガスが漏れ出ている可能性があります(>_<)

また、黒い煙は不完全燃焼が発生していて燃焼系統の故障が考えられます(+_+)

このような煙が出ている場合はすぐに使用を中止しましょうΣ(・ω・ノ)ノ!

□給湯器が錆びている

給湯器の外装部分が錆びていると、内部まで錆びてしまっている場合があります(+_+)

内部の錆びが広がると、故障やガス漏れに繋がる可能性があります(>_<)

 

 

 

◆給湯器が故障しやすい条件◆

□給湯器の前が狭い

給湯器からの排気にはわずかに硫黄物質が含まれていて、空気中や排気の水分と化学反応を起こし、

腐食を進める酸が発生してしまいます(+_+)

給湯器の前が極端に狭かったりすると、このような酸を吸気口から吸い込んで、給湯器内の劣化が進行し

故障の原因に繋がる場合があります(>_<)

□給湯器を清掃してない

給湯器の排気口、吸気口にほこりがたまってしまうと、排気が内部で滞留して不完全燃焼を

起こす可能性があります(>_<)

またエコジョーズなど潜熱回収型ガス給湯器から出るドレン排水を通す配管が落ち葉などでふさがってると

給湯器本体が不具合を起こして寿命を短くすることがあります(´・ω・)

□配管カバーをつけていない

配管をつけるカバーをつけていないと接触で破損してしまうだけでなく、紫外線による劣化で配管が固くなり

割れやすくなることもあります(+_+)

配管の破損は本体の劣化が進むなど故障の原因に繋がります(>_<)

□給湯器の号数が生活にあっていない

給湯器には【号数】と呼ばれる一度に給湯できる湯量を表すサイズがあります(・∀・)

号数が大きいほどたくさん給湯できるので、お風呂やキッチンなどで同時に使える量も増えますが

たくさんお湯を使う家庭にも関わらず小さい号数にしていると、給湯器の負担が大きく

寿命を短くしてしまう場合があります(>_<)

 

 

 

◆給湯器の寿命を延ばすためのポイント◆

□日頃から手入れする

給湯器の故障に繋がる錆びや吸気口、排気口のホコリのつまりを防ぐために、月に1回程度は

水拭きで汚れをふき取るようにしましょう(´・ω・)

お風呂のお湯と水の出入り口になっている循環アダプターフィルターに髪などのゴミが詰まると

追い炊きが上手くできず給湯器に負担がかかり故障にもつながります(+_+)

□入浴剤に注意

実は給湯器にとって入浴剤の利用は注意が必要ですΣ(・ω・ノ)ノ!

入浴剤に含まれる硫黄や酸、塩などの成分が配管に溜まってしまうと配管を劣化させてしまいます(>_<)

白濁タイプの入浴剤などは、濁る成分が配管に付着すると追い炊きの熱交換器内で局部沸騰を起こし

寿命を縮めてしまうこともあります(+_+)

□水道水で給湯

給湯器で利用する水は水道水をオススメします(^^♪

地下水や井戸水、温泉水には異物が混入している場合がありますので、この異物が給湯器内に溜まってしまうと

熱効率が悪くなるだけでなく局部沸騰を起こすこともあります(+_+)

 

 

 

この時期にとっても大事な給湯器(*^^*)

交換の目安はわかっていただけたでしょうか☺

こんな感じでちょこちょこした情報や現場のレポート、吹田の情報等ブログを更新してますので

よかったら覗いて見て下さい(^^♪

www.wood-worker.co.jp/category/ヤギさんの日記

 


一覧ページに戻る